ホーム

 子育て・介護・仕事が重なっても,両立できる社会づくり。

 

~子育てと介護の重なる現役世代と行政・支援者のかけ橋になることを目指した団体です~

 

 

 

~〈ダブルケア〉とは、子育てと介護が重なっている状態のこと~

(広い意味では、親族内に複数のケアが重なっている状態もダブルケアといいます。)

 

 

~事業内容~

 

 

◯ダブルケア研究

武蔵野大学 社会福祉学科 渡邉浩文教授と一般社団法人ダブルケアサポートと協働で、

研究に取り組んでいます。

 

◯ダブルケアセミナーの開催

ダブルケアの啓発セミナーを開催しています。

 

◯子育て×介護×仕事の見える化ワークショップ

子育て世代が、ダブルケアと就労といった大切なものを諦めずに両立できるヒントについて、対話できるワークショップを開催

(杉並区NPO活動資金助成事業にて作成)

 

ダブルケアおしゃべり会等

(杉並社会福祉協議会 地域福祉活動費助成事業)

 


 

※ダブルケアのご相談は、地域包括支援センターに行きましょう!
介護相談の際に、窓口の職員さんにご自身の状況が伝わりやすい情報シートを作りました

相談窓口に行く時に、ぜひお使いください!

 


ダウンロード
介護相談に行くときに、情報をまとめるシート
介護の環境をまず先に調整することで、ダブルケアは乗り越えられる可能性はかなり高くなります。
このシートを使っていただくことで、支援にスムーズにつながることが期待できます。
介護相談に行くときに、情報をまとめるシート.xlsx
Microsoft Excel 13.8 KB