ホーム

ミッション:

育児と介護が重なった当事者の声を行政・支援者に届けます。

 

~ダブルケアとは、子育てと介護が重なっている状態のことを言います~

(広い意味では、親族内に複数のケアが重なっている状態もダブルケアといいます。)

設立背景

 

 

 2017年 当時、5つの命(両親、当時3歳の娘、お腹の中にいた息子、妊婦だった私)を同時にケアするダブルケアしていました。

      

保育・介護といった、縦割りの社会では、現役世代が子育てと親の介護が重なった時に、望む形で就労する事は、ハードルが高いという現状を知りました。

 

子育てが終わるまでに3人に1人はダブルケアを経験するというデータがあり、決してマイノリティーの課題ではありません。

ダブルケアに直面する人たちは、平均年齢39.6歳と働き盛り働きの方達です。

 

 私達、現役世代は今後、子育てと介護が同時に重なる人口が増えていきます。

現役世代が、子育て×介護×仕事を両立できる、社会支援の整備が求められます!

 

〇ダブルケアを体験している当事者の声を拾う。

〇行政や支援機関、企業にダブルケア当事者のニーズや実状を届ける。

という活動を目指そうと決意しました。

 

 

NPO法人 こだまの集い

 代表理事 室津 瞳

 

※ダブルケアに関する調査2018 第8弾ダブルケア実態調査(ソニー生命連携調査)

 


※以下の動画は、子育て×介護のダブルケアのイメージ動画です。(製作:㈱and famiry)

 

目指すビジョン:

ダブルケアに直面している人たちは、働き盛りの人たちです。

安定した子育て×介護×仕事を継続できる、社会の仕組み作りを目指しています。