代表理事 室津瞳

 

看護師、介護福祉士

 

2017年に両親の介護と3歳の長女の子育て、自身も長男を妊娠中であるダブルケアを経験。当事者になり、子育てと介護が重なることでの就労継続の困難さや、日本はダブルケア支援制度が未整備である現場を知る。これらの社会課題の改善に向けて、当法人の設立を決意した。

 

 

副代表理事 森安みか

 

主任介護支援専門員、社会福祉士、保育士、介護福祉士、理学療法士

 

認可保育園の保育士として勤務後、身体障がい者の入所施設に介護職・相談員として勤務。その後、杉並区で居宅介護者支援事業所・訪問介護事業所・訪問看護事業所を立ち上げる。以後、企業主導型保育園の運営に携わる。

 

理事 森安 元希

 

保育士、介護福祉士、介護支援専門員

 

学生時代から非常勤のヘルパーを続け、介護福祉士、介護支援専門員を取得する。同時に、保育補助もダブルワークとして行い、保育士を取得。「介護業界に向けた保育園の在り方」と「育児世代に向けた在宅介護の在り方」を考え、企業主導型「保育所くまこぐま」を設立。園長を務める。

 

 

 

監事 尾藤陽子

 

 

会計士事務所にてシステム監査などを担当。IT関連の知識を活かして社会福祉法人においてICT機器の導入などを行う。また、児童・障がい・高齢の垣根のない枠組み作りに取り組む。